2018 / 03 / 09  14:24

プロにバルーン演出を任せて安心な3つの理由 実は作るのが難しいバルーンの世界

プロにバルーン演出を任せて安心な3つの理由 実は作るのが難しいバルーンの世界

 

個人でやると超大変! プロに任せて安心のバルーン演出

 

結婚式やイベントの際に「費用を安く抑えたいから」という理由で、自分たちだけでバルーン演出を行おうとされる方が少なからずいらっしゃいます。 確かに私たちの仕事は、傍から見ると「風船に空気を入れるだけ」に思えるかもしれません。 しかし、実は見えないところで、工夫や努力をしており、一般の方がプロと同じバルーン演出をしようと思うと、プロに依頼するよりも「手間」「時間」「お金」がかかってしまいます。 これから神奈川(横浜)、小田原、静岡で、個人でバルーン演出をしようと思っている方は、改めて考え直した方が良いかもしれませんよ!

 

[プロに任せて安心な理由①]長持ちさせるバルーンを揃えるのが大変

風船は100円ショップでも購入することが出来ますが、弊社などのバルーンショップが使っているような、バルーンは100円ショップでは購入できません。 特に長時間利用することが可能にするためには、加工が必要になるため一般の方には困難です。 もちろん、ネット上でブランド品を購入すればある程度の品質のモノを、それなりに揃えることが出来るでしょうが次は「バルーンをふくらませる」という問題が出てきてしまいます。

 

[プロに任せて安心な理由②]バルーンをふくらませるのは超大変!

私たちは、仕事として毎日数百個以上のバルーンをふくらませています。 そして、あまり知られていませんが、実はバルーンをふくらませるのはすべて手作業です。 1つ、ひとつのバルーンを短期間でふくらませるにはガスも必要ですし、技術も必要です。 またバルーンを持ち込む施設まで、バルーンをふくらませるガスボンベを準備する必要もあるので、一般の人がココまでするのは正直不可能です。 バルーンを準備し、ガスを手配し、必要な数のバルーンをふくらませる――ということまで、すべて自分でやる手間と時間とお金より、弊社にバルーンを依頼する方が、遥かに安上がりになるんです!

 

[プロに任せて安心な理由③]バルーンディスプレイにはコツと経験が必要です!

デパートやイベント会場などでよく見るバルーンディスプレイは、すべて手作り。 つまり、個人でバルーンの演出やバルーンディスプレイをするためには、1つひとつのバルーンを自分の手で設営しなければなりません。 バルーンを数多くふくらませるだけでも大変なのに、さらにそれをプロ並に設営する……正直言って一般の方にはあまりオススメできません。 出来上がったバルーンディスプレイを見ると、簡単に作られているように思えますが、ふくらんで弾力のあるバルーンを紐を繋げるのもコツが必要ですし、色合いを考えながら1つのバルーンアートをつくり上げるのにもセンスが必要。 キレイなバルーンアートやバルーンディスプレイを作るのって、意外に色彩感覚がないと難しいんですよ~!

 

それでも個人でバルーン演出をお考えなら、一度テストしてみることをオススメします!

「すべて自分でバルーン演出を作りたい!」という方は、まずはぶっつけ本番ではなく、10個ぐらいのバルーンを使って、バルーンアートを作ってみることからはじめましょう。 実際に作ってみると、自分でバルーンアートをイチから作るのが、非常に手間と時間がかかることがわかるハズ! 一見すると簡単そうに見えるバルーンの演出やバルーンアート、ディスプレイですが、プロにしかわからない技術も実は少なからずあるんです。 ただ「なるべくコストを安く抑えてバルーン演習をしたい!」というアナタが神奈川(横浜)、小田原、静岡在住の方は、バルーンショップ ウィズビー(balloon shop with B.)までご相談ください♪ 弊社が出来る限り、アナタの希望にそったバルーン演出をコストも含めて、提案させて頂きます!

2018 / 03 / 03  10:00

神奈川(横浜)、小田原、静岡で人気のバルーンショップ ウィズビーのバルーン発注の流れ

神奈川(横浜)、小田原市、静岡で人気のバルーンショップ ウィズビーのバルーン発注の流れ

【イベンター&イベント企画者必見】バルーン発注の流れとは?

企業の販促イベントや学校などの催しモノの際に「どんなディスプレイ(演出)にしよう?」と悩まれていませんか? もしも、アナタが神奈川(横浜)、小田原、静岡でバルーンによるディスプレイや演出をお考えなら、バルーンショップ ウィズビー(balloon shop with B)がオススメです! アナタのディスプレイや演出の悩みに対して、誠心誠意お答えさせて頂きます。 でも、多くの方がイベントなどで、バルーン(風船)に触れたことはあるけれど、実際に自分でバルーンショップにバルーンディスプレイやバルーンリリースなどの発注をしたことは、ありませんよね? 「バルーンディスプレイ、ぜひお願いしたいけれど、どうやって依頼すれば良いのかわからない……」 「人とは違うバルーン演出をして欲しいけれど、こっちの意図通りにやってくれるのかしら?」 今回はそんなバルーンディスプレイ、演出をお考えの方に向けて、バルーンショップ ウィズビーのご利用の流れをご紹介したいと思います。

 

バルーン発注の流れ一覧

  1. ウィズビー担当者によるリスニング
  2. バルーンの設営会場・詳しい図面の下見
  3. ウィズビー担当者によるバルーンディスプレイ・演出の提案
  4. バルーン設営会場と直接の打ち合わせ・確認
  5. イベント開始数時間前にバルーンを設営(最長6時間)
  6. イベント終了後、バルーンの撤去(1時間程度)

1.ウィズビー担当者によるリスニング

まずは、お客様からお電話、直接ご来店して頂き、イベント・演出の規模や内容、会場やテーマ、イベントカラー、予算などの情報を、担当者がリスニングします。 担当者が1つひとつ丁寧にお伺いし、お客様のご希望にそった施工ができるように誠心誠意努力しますが、スムーズにバルーン発注までのやり取りをするために、下記内容を事前に準備して頂けるとお客様の希望のイメージが当方に伝わりやすくなります。

バルーン発注前のリスニングでお伺いすること、あったほうが良いもの

◆バルーン発注前のリスニングで
 お伺いすること
  • イベントのテーマ、カラー
  • イベントの規模
  • イベントの開催期間、時間
  • バルーンの使用用途
  • イベントのディスプレイ、演出にかけられる予算
  • 資材を搬入できるルート
  • バルーンをふくらませる場所の候補
  • バルーン施行準備にかけられる時間
◆バルーン発注前のリスニングの際に
 あったほうが良いもの
  • 希望のバルーンディスプレイ、演出の写真か動画
  • イベントのイメージがわかる写真や動画
  • イベントの会場の写真や見取り図

2.バルーンの設営会場・詳しい図面の下見

バルーンの施工内容について、詳しくお伺いし、お客様とイベントやバルーン設営等のイメージを共有した後、実際にバルーンを設営する会場へ担当者が下見に向かいます。 実際にバルーンを設営する場所・図面を事前に確認することで、詳しい図面などがあると、バルーン・設営のために必要な機材などの搬入ルートを準備することが出来ます。 なお、バルーンをふくらませる設備が入らないような会場であっても、箱型商用車で運搬できる程度に分割して現地で組み立てを行ったり、膨らませた状態で運搬できない場合はベンチで膨らましたりして作業を行います。 イベント会場が狭いから、大掛かりなディスプレイを作るのが難しい……という方も、バルーンを使ったディスプレイ・演出なら安心して行うことが出来ますよ!

 

3.ウィズビー担当者によるバルーンディスプレイ・演出の提案

リスニング内容や設営会場の状況などを参考に、ご予算にあったバルーンディスプレイ・演出方法を、担当者からお客様にご提案します。 この際に、過去の事例などを用いながらバルーンディスプレイ・演出等を提案しますので「完成したら、どんな風になるんだろう?」というお客様の不安は、この段階で払拭されることでしょう。

 

4.バルーン設営会場と直接の打ち合わせ・確認

お客様のご希望にそったバルーンディスプレイ・演出をする際に、搬入先となるイベント会場等とウィズビーが直接打ち合わせと確認作業を行います。 イベント会場ごとにルールが異なるため、バルーン施工の前にイベント会場との直接の打ち合わせと確認が必須なんです!

 

5.イベント開始数時間前にバルーンを設営

イベント会場との打ち合わせも終わり、あとはイベント開催日を待つばかり。 この時点でイベント担当者の方がバルーン施工のために行うことは、ほとんどありません。 後は弊社がご提案した内容にそってバルーンを設営し、イベント終了後に撤去するだけ。 なお、ウィズビーでは施工時間は装飾の規模により違いますが、長くても作業時間が6時間程度しかかかりません。 ウィズビーを利用すればイベント会場を貸し切る費用を大幅に抑えることが可能です。

 

6.イベント終了後、バルーンの撤去

ディスプレイ・演出に重機が必要な場合は、会場に設営したものを撤去するために、非常に長い時間がかかってしまいます。
しかし、バルーンの撤去は1時間もかかりません。 撤去に関しては、バルーンを会場から運び出せば良いだけ。 また会場が許すのであれば、その場でバルーンを割ってしまえば、あっと言う間に撤去作業も終わります。 そう、バルーンによるディスプレイも、演出も、設営・撤去にかかる時間が非常に短いため、会場の貸し切り費用と手間を大幅に削減することが出来るのです。 一見するとバルーンによるディスプレイ・演出は高そうに思えるかもしれませんが、トータルコストで考えるとバルーンを使ったディスプレイ・演出の方が安上がりだった……なんてこともあるんですよ!

しかも、バルーン施工は手作りだから、オリジナルなディスプレイ・演出も可能♪


オリジナルなイベントを開催する際に、定期的に行うイベントであれば、専用のディスプレイを予め作っておくことで、トータルコストを削減することが出来ます。 しかし、期間限定のイベントの場合はオリジナルディスプレイ・演出のために、コストをかけられません(レンタルの場合は決まりきったディスプレイ・演出物しかない)。 でも、バルーンによるディスプレイ・演出はバルーン施工が"手作り"だから、定番のディスプレイや演出にしても大幅なアレンジが可能であり、その結果オリジナリティ溢れるディスプレイ・演出を低コストで作成することが出来ます。 「イベントの設営や演出になるべくお金をかけたくない。だけどオリジナリティ溢れるイベントにしたい!」とお考えのイベンターの方やイベント企画者様は、とりあえずバルーンショップ ウィズビーにイベントについて相談されてみてはいかがでしょうか?

 

悩めるイベンター・イベント企画者様、ご相談ください!

神奈川(横浜)、小田原、静岡で行うイベントのディスプレイや演出でお困りのイベンター・イベント企画者様は、ぜひバルーンショップ ウィズビーへご相談ください。 ご紹介したような上記の流れにそって、お客様にとって一番良い方法とステキなバルーンディスプレイ・演出を、5万円からご提案させて頂きます! バルーンにしかできないこと、バルーンだからこそ出来ること、いつものイベントをオリジナリティ溢れる《記憶に残るイベント》をコスパ良く行いたいのなら、バルーンショップ ウィズビーへ♪

1