2018 / 03 / 09  14:24

プロにバルーン演出を任せて安心な3つの理由 実は作るのが難しいバルーンの世界

プロにバルーン演出を任せて安心な3つの理由 実は作るのが難しいバルーンの世界

 

個人でやると超大変! プロに任せて安心のバルーン演出

 

結婚式やイベントの際に「費用を安く抑えたいから」という理由で、自分たちだけでバルーン演出を行おうとされる方が少なからずいらっしゃいます。 確かに私たちの仕事は、傍から見ると「風船に空気を入れるだけ」に思えるかもしれません。 しかし、実は見えないところで、工夫や努力をしており、一般の方がプロと同じバルーン演出をしようと思うと、プロに依頼するよりも「手間」「時間」「お金」がかかってしまいます。 これから神奈川(横浜)、小田原、静岡で、個人でバルーン演出をしようと思っている方は、改めて考え直した方が良いかもしれませんよ!

 

[プロに任せて安心な理由①]長持ちさせるバルーンを揃えるのが大変

風船は100円ショップでも購入することが出来ますが、弊社などのバルーンショップが使っているような、バルーンは100円ショップでは購入できません。 特に長時間利用することが可能にするためには、加工が必要になるため一般の方には困難です。 もちろん、ネット上でブランド品を購入すればある程度の品質のモノを、それなりに揃えることが出来るでしょうが次は「バルーンをふくらませる」という問題が出てきてしまいます。

 

[プロに任せて安心な理由②]バルーンをふくらませるのは超大変!

私たちは、仕事として毎日数百個以上のバルーンをふくらませています。 そして、あまり知られていませんが、実はバルーンをふくらませるのはすべて手作業です。 1つ、ひとつのバルーンを短期間でふくらませるにはガスも必要ですし、技術も必要です。 またバルーンを持ち込む施設まで、バルーンをふくらませるガスボンベを準備する必要もあるので、一般の人がココまでするのは正直不可能です。 バルーンを準備し、ガスを手配し、必要な数のバルーンをふくらませる――ということまで、すべて自分でやる手間と時間とお金より、弊社にバルーンを依頼する方が、遥かに安上がりになるんです!

 

[プロに任せて安心な理由③]バルーンディスプレイにはコツと経験が必要です!

デパートやイベント会場などでよく見るバルーンディスプレイは、すべて手作り。 つまり、個人でバルーンの演出やバルーンディスプレイをするためには、1つひとつのバルーンを自分の手で設営しなければなりません。 バルーンを数多くふくらませるだけでも大変なのに、さらにそれをプロ並に設営する……正直言って一般の方にはあまりオススメできません。 出来上がったバルーンディスプレイを見ると、簡単に作られているように思えますが、ふくらんで弾力のあるバルーンを紐を繋げるのもコツが必要ですし、色合いを考えながら1つのバルーンアートをつくり上げるのにもセンスが必要。 キレイなバルーンアートやバルーンディスプレイを作るのって、意外に色彩感覚がないと難しいんですよ~!

 

それでも個人でバルーン演出をお考えなら、一度テストしてみることをオススメします!

「すべて自分でバルーン演出を作りたい!」という方は、まずはぶっつけ本番ではなく、10個ぐらいのバルーンを使って、バルーンアートを作ってみることからはじめましょう。 実際に作ってみると、自分でバルーンアートをイチから作るのが、非常に手間と時間がかかることがわかるハズ! 一見すると簡単そうに見えるバルーンの演出やバルーンアート、ディスプレイですが、プロにしかわからない技術も実は少なからずあるんです。 ただ「なるべくコストを安く抑えてバルーン演習をしたい!」というアナタが神奈川(横浜)、小田原、静岡在住の方は、バルーンショップ ウィズビー(balloon shop with B.)までご相談ください♪ 弊社が出来る限り、アナタの希望にそったバルーン演出をコストも含めて、提案させて頂きます!